FC2ブログ

Entries

12/06のツイートまとめ

toriyamazine

RT @D4Lns: ゾンビから逃げるパルクールのクオリティが高すぎる https://t.co/3N1oJplko0
12-06 23:46

RT @jump_mangasho: 色々ご質問をいただきますが1つ言えるのは描かない人の可能性は0です。描く前にあれこれ考えるよりまず描いてみてください。こちらは描かれたものを拝見しないことにはその人に可能性があるかないかわかりません。<中路> https://t.co/WW
12-06 23:45

RT @klaus_kinske: 4.『荒野の用心棒』の主人公はポンチョを、『続 荒野の用心棒』の主人公はインバネスコートを羽織っていましたが、『暁の用心棒』の主人公にはサラッペ(メキシコの民族衣装である、厚手の生地で織った長い布)を着せてみました。 https://t.co
12-06 23:17

RT @klaus_kinske: 3.女の悪役をよりセクシーにして、ヒロインはより寡黙に(一言も喋らない)、主人公の台詞もイーストウッドの『荒野の用心棒』の総台詞量の半分に収めてみました。 https://t.co/vyI1ArkVef
12-06 23:17

RT @klaus_kinske: 2.『用心棒』における短銃VS包丁、『荒野の用心棒』におけるコルト対ウインチェスターは、『暁の用心棒』ではショットガン対マシンガンにアレンジしてみました。 https://t.co/4m6CYLFpxU
12-06 23:17

RT @klaus_kinske: 1.『荒野の用心棒』『続 荒野の用心棒』では映画用プロップであるインチキマシンガンを登場させていましたが、『暁の用心棒』では実物の重機関銃(オーストリア製シュワルツローゼM07/12)を登場させました。 https://t.co/IVNjik
12-06 23:12

RT @klaus_kinske: だが、この作品は単なる『荒野の用心棒』の劣化コピーには終わらなかった。些末な点ばかりではあるが、低予算なりの工夫を施していたのである。その注目すべき、痒いところに手が届く変更点は下記の通りだ。
12-06 23:11

RT @klaus_kinske: 「対立する二つの勢力(アメリカ合衆国騎兵隊とメキシコ人山賊一味)が拮抗し合う辺境の町に、ふらりと現われた独りの流れ者。腕が立ち、頭も切れる彼は、互いの勢力の間で立ち回り、パワーバランスを崩してそれぞれを全滅させ、颯爽と去ってゆく」……プロット…
12-06 23:11

RT @klaus_kinske: その、『血の収穫』から端を発した『用心棒』をコピーした『荒野の用心棒』をアレンジした『続 荒野の用心棒』に並ぶ、『荒野の用心棒』習作群のひとつが、ヴァンス・ルイスが1966年に監督した『暁の用心棒』である。 https://t.co/5TCl
12-06 23:11

RT @klaus_kinske: 『荒野の用心棒』を設計図として作られた量産第一号である『続 荒野の用心棒』もまた、世界的に大ヒットした。その後は御存じのとおり、雨後の筍どころではない、筍のコルホーズ的大生産体制が確立され、イタリア人は二兎どころか、二十兎くらいを追って、五兎…
12-06 23:11

RT @klaus_kinske: ここに、“マカロニウエスタン”のアイデンティティが確立された。模倣ばかりでない、個性あるジャンルとしての“マカロニウエスタン”が誕生したのである。
12-06 23:11

RT @klaus_kinske: しかし、コルブッチはプロットを借りただけで、そこにイタリア人独自の感性で異様な状況設定を盛り込んだ。『用心棒』を“ハリウッド製正統派西部劇風”にアレンジしたセルジオ・レオーネとは、圧倒的に異なる作品を産み出したのである。 https://t.…
12-06 23:10

RT @klaus_kinske: プロットばかりではなく、マシンガンによる皆殺し場面、決して正義の味方ではなく、金の亡者で銃の腕前のみを信用しているニヒリストの主人公、登場人物の殆どが天に召される黙示録的世界観……共通点は数多い。 https://t.co/Rs1y5wnsy0
12-06 23:10

RT @klaus_kinske: 対立する勢力(人種差別主義者のファシスト一味と、メキシコ革命軍)が拮抗し合う国境近くの町、流れ者で孤高の主人公ジャンゴ、二大勢力を牽制し合って全滅に追い込み、去って行く… https://t.co/LPb6JiLGXZ
12-06 23:10

RT @klaus_kinske: 『荒野の用心棒』の世界的なヒットは、イタリア及びスペインで多くの亜流作品、劣化コピーを産ませ続けた。その量産第一号が、セルジオ・コルブッチの『続 荒野の用心棒』(1966)だ。 https://t.co/2lSqFDXHAs
12-06 23:10

RT @klaus_kinske: そういう意味で、『用心棒』をリメイクしたウォルター・ヒルの『ラストマン・スタンディング』(1996)は、舞台設定からすると先祖返りに近い。 https://t.co/JJ8PUz5ULJ
12-06 23:10

RT @klaus_kinske: このプロット自体は『荒野の用心棒』のテキストとなった『用心棒』、さらに遡ると、ダシ―ル・ハメットが1929年に発表したハードボイルド小説、『血の収穫』にたどり着く。
12-06 23:10

RT @klaus_kinske: 対立する二つの勢力(アメリカ人のやくざ一家とメキシコ人のやくざ一家)が拮抗し合う辺境の町に、ふらりと現われた独りの流れ者。腕が立ち、頭も切れる彼は、互いの勢力の間で立ち回り、パワーバランスを崩してそれぞれを全滅させ、颯爽と去ってゆく」……
12-06 23:09

RT @klaus_kinske: ヨーロッパ西部劇(公開された欧州製西部劇は、必ずしも全てがイタリア製とは限らない。スペイン製もフランス製もドイツ製もイギリス製も存在した。さらには各国合作の西部劇も数多く作られた)の爆発的ブームの火付け役、『荒野の用心棒』のプロットはこんな感…
12-06 23:09

RT @klaus_kinske: つまり、2014年は「『荒野の用心棒』製作50周年」、2015年は日本における「“マカロニウエスタン”生誕50周年”」というわけだ。ちなみに、欧米で“マカロニウエスタン”は、“spaghetti western”と呼称されている。
12-06 23:09

RT @klaus_kinske: そのヨーロッパ製西部劇『荒野の用心棒』は翌年の昭和40年(1965年)に日本でも公開されて、淀川長治と深沢哲也の両名により“マカロニウエスタン”と命名される。 https://t.co/5lxfx9UruE
12-06 23:09

RT @klaus_kinske: 1964年にイタリアで制作された黒澤明の時代劇、『用心棒』(1961)の西部劇変換コンテンツは、その優れたアレンジにより、瞬く間に世界中へと拡散したのだった。
12-06 23:09

RT @klaus_kinske: 『荒野の「復習」』  蔵臼 金助(イタリア製西部劇研究家) https://t.co/FaQyWb5YZu
12-06 23:09

RT @nirvanaheim: 人を支配したいという欲望を否定・是正する……プロレタリア独裁……トロツキー主義……うっ、頭が(横臥
12-06 05:07

RT @AsobininNoShin: しかし人間の欲望自体を否定・是正するって、具体的になにをどうやるつもりなんだろうなこう言う人。まず拷問にかけるか催眠術かけるかして内心を探って、あとは洗脳?https://t.co/rlIQMkTI26
12-06 05:03

RT @osaka_seventeen: 「ラノベ作家です」というと「絵を描いて」という人がいる。挿絵は違う人が書くんじゃよ。
12-06 05:02

RT @sis06ume: RT先で散々言われたので書きました💢💢💢💢これでいいですか!!!もうテンガにしか見えねーよwww https://t.co/1HdmKKyE33
12-06 03:58

RT @tonka_chi: 昨日友達のエロ漫画の陰部の修正を手伝ったせいか、生まれる前の人間の陰部を付ける仕事してる夢を見たんだけど、染色体で確認するのが大変すぎて「もう全員女性器男性器両方付けよう」と提案したら同僚は賛成したけど上司に「在庫が足りなくなるからやめろ」と怒られ…
12-06 03:57

RT @toshizoaraki: まとめると左派:日本死ねはいいけど、中韓ヘイトは駄目!右派:中韓ヘイトはいいけど、日本死ねは駄目!オタク:右派左派どっちもヘイトだろ。両方許せ。不謹慎なの大好き!そして右派寄りオタクと左派寄りオタクが、消極的批判に回るhttp…
12-06 02:14

RT @cupnoodle_jp: 本社同士ご近所のよしみで本当にスクエニさんがFF風のカップヌードルのCMを作ってくれました!いまだ!FF15やろう!#FF15 #カップヌードルhttps://t.co/WnXyl0KsgG https://t.co/xWkvNZMkCC
12-06 01:23

RT @skryta: 「だれでも情欲をいだいて女を見る者は、すでに心の中で姦淫を犯したのです」(マタイの福音書5章27-32節)残念ながら、宗教は、内心の自由に干渉しようとするのだよな。戒律は、内なる生活でも守らないとダメなんだhttps://t.co/hcpTqwX
12-06 00:50

BEYOND CREATION を聴き直しているけど、デスメタルの中では飛び抜けて上手いな……https://t.co/k5RIIDX0XL そういえば、三枚目は出ていないのか。
12-06 00:49

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://toriyamazine.blog100.fc2.com/tb.php/2342-5a6a942f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

toriyamazine

Author:toriyamazine
東京都出身。
高校在学中にライターとしてデビュー。
以降は編集者・ライター・ゲームディレクター・実写アダルトDVDの監督、そして作家を兼任。
仕事はSMポルノ関係全般で、小説、ゲーム、実写etc、アニメーションを除くすべてのポルノ作品を平行して制作。年間発表数は約6作品前後がコンスタント。
一般作に関しては、別名義、もしくはアンカーマンとしてのみ参加中。

追記・最近になってメールで連絡が取れないという非難が多く聞かれるようになったので、仕事用のアドレスを公開しておきます。
jjnewzine★gmail.com
です。★マークを@に変えて使ってね。

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書カレンダーBLACK

Powered By 読書カレンダー

Twitter...

toriyamazine Reload

ブログ内検索